楽天モバイルの魅力は、5分カケホーダイと通信速度にあり?人気格安スマホの定番

楽天スマホのチェックすべき項目

MVNOとは大手の携帯電話会社以外の携帯電話キャリアのことを指しますが、話題の格安なスマホサービスを展開しています。楽天市場もこれに参入しました。その名も楽天モバイルです。格安な上にキャリアから乗り換えると、さらに月々の支払いが安くなるのが魅力です。毎月の利用料金が1,250円と格安なスマホは高い注目を集めています。回線はドコモで使用しているものを使っているため、通話品質や電波の届き具合もdocomoとなんら変わりはありません。さらに、楽天モバイルを使用している間は楽天市場で買い物をするとポイントが倍になるのです。まだ、格安SIMに馴染みの無い方もいると思いますので、楽天モバイルの速度や評判・口コミをまとめてみました。楽天モバイルについて、ご理解頂けるかと思います。

docomo回線の格安スマホサービス

本田圭佑のCMで話題の楽天モバイルは、docomo回線を使用した格安スマホサービスです。NTTドコモの回線を利用しているという事は、通話品質もNTTドコモと同じという事で、よほどの山奥でない限り、たいていの場所でつながりますので使い勝手において心配はいりません。ドコモのスマホを使っている方であれば、大体の機種は変更せずに利用できます。それだけではなく、楽天モバイルから販売されているSIMフリースマートフォンの購入でも利用することができるのでおすすめです。ドコモのスマホを使っている人であれば、SIMカードだけで契約することができますので、新たに楽天モバイルでスマホを購入する必要もないので、ドコモのスマホを持っているならば嬉しいサービスです。楽天モバイルはNTTドコモの回線を使用していながら、利用料金を安く抑えることができる格安スマホ・格安SIMサービスなのですね。

セットの格安スマホが豊富!

現在、楽天モバイルの対応対象外のスマホを使用している場合には、スマートフォンを新規で購入しなければなりません。楽天モバイルで取扱いのあるスマホは、10種類以上の機種が用意されており、他のMVNOよりも好みの機種を見つけやすいのが魅力です。スマートフォンの他タブレットも利用できますが、こちらの品ぞろえも豊富で利用者の選択範囲がさら広がります。唯一の弱点を挙げるとすれば、楽天カードを持っていないと、端末本体を分割で購入できないということです。そのため楽天カードを利用していない方は、本体の支払いは一括で支払う必要があります。そういったことはありますが、選べる機種の豊富な点においては他のMVNOの追随を許しませんので、そこが魅力といえるでしょう。

余ったデータ通信量の繰り越し対応!

データの容量は契約したプランによって変わってきますが、使用量が少なく、かなり残ってしまう月もあると思います。この点、楽天モバイルなら、残った分は繰り越して、翌月に使用できます。余ったデータ容量の持ち越しを行っていないMVNOもあるため、繰越しに対応しているということは、楽天モバイルの長所の一つともいえます。通信量を余らすともったいないので、余らせた分を次の月に繰り越して使えるのはとてもいいサービスです。

通話代がお得な、楽天でんわ

楽天が提供する「楽天でんわ」では、通話料が50%OFFになる魅力的なサービスです。このサービスは、電話番号の先頭に特定の番号を付けて発信するだけの「プレフィックス型」と呼ばれるもので、自分側の電話番号が、相手先に確実に通知されるようになっています。相手側に通知される電話番号は、もちろんいつも使っている電話番号です。電話相手からして見れば、いつも通りの着信と変わりはないわけです。大抵のIP電話では、非通知表示であったり、050から始まる番号が表示されたりしますので、使い勝手が良いとは言えませんが、逆に楽天でんわはそういった不便さはありません。さらに楽天でんわで通話した分の料金に対しては、楽天ポイントが加算されるので、より一層お得ですね。通話し放題のサービスも始まりました。

5分通話し放題

大手携帯電話会社のdocomo・au・SoftBankは、以前にはなかったどれだけ通話しても一定額の通話し放題プランを提供していますが、最近話題になっているMVNOのそのほとんどは、通話し放題プランは提供していません。格安なMVNOは興味があるけど、通話が多いので心配だなという方に朗報です。楽天モバイルに新しいサービス、月額850円で、国内通話であれば、始めの5分間が無料で何度でも通話できるオプションが登場が出ました。5分間何度でも通話料無料というオプションが使うのは電話回線なので、通話音声もよく、発信者番号通知に対応し、いつも通りの電話と変わらずにかけ放題になるのが最大のウリでしょう。NifMoというところの通話し放題サービスは、発信者番号通知がされない事があるみたいです。楽天でんわで通話すると通常1分で21.6円通話料がかかってしまうので、1ヶ月で43分以上通話を利用する人にとってはお得になるプランです。

最初の1ヶ月は料金が無料

SIMを利用するために楽天モバイルと契約した場合は、初めの1ヶ月は料金がタダになります。最初の1ヶ月というのは、SIMカードやスマホ本体が届いた日を含む月を指します。スマホ端末やSIMカードが1日に到着したとすれば、その1ヶ月は丸々タダで使えるというワケです。しかし、解約する会社にも、場合によっては解約料を支払わなければならないケースもあるので、月の初めまで待つことが良いとは限りません。

楽天モバイルの回線スピード

楽天モバイルの通信回線は、ドコモの4G回線を利用したサービスとなっています。通信速度については、通信速度はドコモと変わらないので、それほど不自由なく使えて安心です。ドコモと同じ回線なのに、お値段が破格なのは、楽天モバイルの最大の魅力ですね!これから先も益々MVNOや格安スマホの拡大していきそうですね。

楽天モバイルの通信制御に関して

どのMVNOにおいても一緒ですが、契約者が同じ条件で利用できるよう、データ通信を利用しすぎたユーザーは通信速度がおそくなります。これは、直近3日間(直近72時間)で使用したデータ通信が、上限として設定された容量を超えた利用者に対して 、速度が制限されます。通信速度が元に戻るには、直近3日間で使用したデータの量が既定の値より少なければ解除されます。特別に何かをしていない限り、一般的な使用をしていれば制限にかかる事がないと思います。各プランの規定容量 3.1GBプラン=540MB 5GBプラン=1GB 10GBプラン=1.7GB

楽天モバイル料金プランと解約に関して

楽天モバイルの様々なプランとそれの料金を説明します。現在お使いの月々の携帯料金と比較してみて、どのくらい安くなるのか判断材料の一つにして下さい。どれだけ安いのか、料金プランの詳細を見てみましょう。

料金

楽天モバイルのプランは、データ通信のみが出来るSIMとデータ通信も通話も出来るSIMの2種類分かれておりそれぞれ料金が異なります。音声通話機能付きのSIMだと、090や070、080の番号の普通の携帯電話の番号が使えるので、元々のキャリアのスマートフォンと同じように使いたい時は、音声通話SIMを契約しなければ電話として利用できなくなるので、注意して契約する必要があります。通話SIMの料金は、低速使い放題プランで、1,250円、3.1GBプランで1,600円、5GBプランで2,150円、10GBプランで2,960円となっています。

データ専用SIMの月額費用は、低速使い放題プラン:525円、3.1GBプラン:900円、5GBプラン:1,450円、10GBプラン:2,260円となっています。

200Kbpsの低速通信のみが使い放題になるベーシックプランと、ベーシックプラン以外は、ドコモのLTEという225Mbpsの高速回線が使えるプランになります。楽天モバイルにかかる初期費用は端末代+3,240円です。

解約縛りについて

楽天モバイルの解約違約金に関して、まとめましたので、ご紹介します。データSIMのご利用の際には、利用期間は特に定められておりません。解約に要する費用は掛からない為、お好きな時に気兼ねなく解約できます。ただし、通話SIMには1年間の最低利用期間が設定されています。1年以内に解約をした場合は、バカにならない額の手数料を払い込む必要が生じます。その金額は9800円です。キャリアと異なる事柄として、縛り期間が自動更新されないという点があり、13ヶ月経過すれば、無料解約月まで待つ必要がないのは便利です。

【期間限定】割引キャンペーン!!