IIJmioの口コミや評判について│顧客満足度ナンバー1の格安SIMサービス

IIJmio口コミ

IIJmioのメリットを挙げるなら、サポートのきめ細やかさはもちろんのこと、MVNOとしての歴史、すなわち、信頼と実績にあります。「RBB SPEED TEST」のユーザーを対象に行った満足度調査では、総合満足度で最優秀を獲得した結果からも、利用満足度の高さが測れると思います。わからないことがあっても電話やオンラインでサポートしてくれるので、格安スマホを使ったことない人へも、気軽に格安スマホを始めることができる、MVNOのなかでも親しみやすい存在であると言えます。

アフターサポートもしっかりし、速度も速いのが魅力的!

llJmioが何で評価されているかというと、その理由は、ユーザー数が多いにもかかわらず通信速度が安定して速いことと、アフターサービスが良いことでしょう。「RBB SPEED TEST」のユーザーを対象に行った満足度調査では、MVNOの中では顧客満足度がかなり高くなっています。利用満足度が高いと、格安スマホを選ぶ際にも安心ですよね。また、知名度もあり信頼性もある格安スマホでもあります。IIJmioはずっと安定して高評価のレビューが多いので、これから格安スマホの利用を検討している方には、優先順位の高い選択肢だといえるでしょう。

IIJmio格安SIMのチェックすべき項目

株式会社インターネットイニシアティブからの格安SIMと格安スマホのサービスみおふぉんについてご紹介いたします。株式会社インターネットイニシアティブは、格安SIMサービスの先駆者的な存在で、昔からMVNOサービスをチェックしているユーザーならば、IUmioという名前は皆ご存じだと思います。非常に優れたサービスである事は「格安SIMアワード2015」において証明済みで、その年の最優秀賞を総合部門で受賞するほどの優良サービスです。その賞を受賞できた勝因は、評価の高いブランドイメージと、顧客サポートが充実しているという点でしょう。さて、IIJmioの評判から速度まで、まとめてみました。気を楽にして、読んで頂ければと思います。

docomo同エリアの格安SIMサービス

有名な格安SIM業者の株式会社インターネットイニシアティブがサービスを提供しているIIJmioは、docomoの回線を利用して実現されているものです。なので、通信品質はdocomoと何ら変わりませんし、docomo回線というサービス範囲が広範囲となっており、県外になることもほとんどなく不自由なく安心して使用可能です。docomoのスマホを利用している方は、だいたいの場合その機種を変更することなく利用できます。もちろん、IIJmioが販売しているSIMフリースマホをセットで買って利用しても大丈夫です。docomoのスマホが手元にあるなら、IIJmioでSIMカードだけを契約すれば、今までどおり使えますし、高価な端末購入代金を支払う必要がないのは嬉しいことですね。言うなればIIJmioはdocomoが積み重ねてきた信頼の品質をそのまま継承した「格安」のスマホサービスなのです。

話題のバースト機能│低速時がより快適に。

バースト機能という使い勝手の良い機能が、IIJmioに搭載されています。バースト機能とはどういう機能なのか、説明しいていきましょう。バースト機能というのは、低速通信をしているときに最初の数秒間だけ高速で通信を行うことで、Webページが表示されるまでの時間を短縮してくれる機能です。このおかげで、低速通信になっても表示されるのが高速になるので、コンテンツ表示の遅れが体感的に目立たなくなって、快適にウェブページ等を閲覧できるので、IIJmioのセールスポイントにもなっています。ただ残念なのが、バースト機能はIIJmioとllJmioしか搭載されていないようです。

データ通信料の繰越し

データの通信量はプランによって変化しますが、データ使用量が少ししかなく、容量が余ってしまう月もあるのではないでしょうか。そんな場合でも、IIJmioは、データ容量を次の月に持ち越すことができます。使わなかったデータ通信量を持ち越せないMVNOもあり、翌月への持ち越しに対応している点は、IIJmioを利用するメリットであるでしょう。使いきれずに余った通信量が無駄にならないことは、利用者にとっては嬉しい話です。

IIJmioなら、10人までシェア出来る

IIJmioの追加SIMサービスなら、SIMカードが最大で10枚まで利用できます。自分の家族だけでなく、おじいちゃんおばあちゃんまで、みんな一緒にIIJmioに乗り換えれば、今お持ちの携帯電話料金との価格にかなり差がつくことでしょう!家族全員が単独で契約した場合の通信費と比較すると、かなりの節約効果があり、もしかしたらパパやお子様のお小遣いUPが見込めるかもしれないですね。格安スマホの普及が進んできた、今がまさにこうした家族の携帯代を見直すチャンスです。格安SIMアワード2015で総合満足度No1に輝いたIIJmioなら、初心者でも安心です。また、みまもりパックというサービスを追加すれば、使用制限が出来るので子供でも安心して利用できます。

IIJmio料金と初期費用に関して

IIJmioの月々の料金設定や速度について説明していきます。現在お使いの携帯料金と比べながら、どれだけ料金が安くできるか、考えながら見ていただければ良いと思います。どれだけ節約できるか、IIJmioの料金プランを見てみましょう。

IIJmioの月額プランと初期費用

みおふぉんの料金プランに関しては、データ通信用SIMと音声通話もできるSIMの二種類があります。070/080/090といったナンバーが音声通話SIMで使用可能なのでSIMをこれまでの携帯電話と同様に通話用として使いたいときには、音声通話SIMを選択する必要がありますので、ご注意ください。音声通話SIMの料金は、ミニマムスタートプラン(3GB)で1,600円、ライトスタートプラン(5GB)で2,220円、ファミリーシェアプラン(10GB)で3,260円となっています。

データ通信専用SIMの料金プランは、ミニマムスタートプラン(3GB):900円、ライトスタートプラン(5GB):1,520円、ファミリーシェアプラン(10GB):2,560円となっています。

IIJmioの契約縛り

IIJmioの違約金に関して、ご紹介していきます。IIJmioのデータSIMに関しては、最低利用期間の設定はありません。解約手数料は無料なので、安心です。一方で、最低でも12ヶ月間使わなければならないのが、音声通話SIMです。もし都合により12ヶ月経たないうちに解約すると、9,000円の違約金がかかりますので、ご注意ください。キャリアと違うのは、縛り期間が自動更新されない点で、13ヶ月以上利用すればいつでも解約できますし、違約金もかかりません。

IIJmioの速度について

多くのMVNOの中でのみおふぉんの特徴としては、docomoの4GLTE(225Mbps)回線を使ったら格安スマホサービスです。注目すべきは回線速度の速さと、対応エリアの広さでそういった点で安心できるサービスということができます。加えて、実効速度の高さが評価されていて、口コミサイトでのレビューでは、かなりの好成績で、非常に人気があることが読み取れます。「安い、なお且つ、速い」格安スマホをお探しの方には、決して裏切ることのないIIJmioを検討してみてはいかがでしょうか。

IIJmioにおける3日制限

IIJmioは、低速通信時に関しては、直近の3日間のデータ通信量によって、制限がかかってしまうこともありますのでご了承ください。しかし、高速通信を利用していれば、3日間の速度制限の対象からは外れますので心配はありません。通信回線が一度に送れるデータ量にはどうしても制限があるものですから、利用者が公平に使うための知恵が求められるわけで、データ通信を使いすぎている利用者に速度制限をしています。速度を制限する基準には直近3日間のデータ通信量が用いられ、規定された容量をオーバーした利用者に対して、通信速度制限が行われます。この速度制限は、その後の直近3日間の通信量が決められた量を下回れば自動的に解除される仕組みになっています。変な使い方をしなければそうそう引っかかることはありません。

いま開催中の割引キャンペーン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする